バストアップマッサージは40代こそ必要【バストケア】

40代女性にとって永遠の悩みといえば……「バストを大きくしたい!」じゃないでしょうか。モデルさんだと40代でも、ふくよかな胸、くびれた腰、すらっとした脚、もう見ているだけでもうっとりです。そんな素敵なバストを、実は自宅でちょっとしたマッサージをするだけで手に入れられるって知っていましたか?

では40代のバストアップマッサージ方法を紹介します。

まず、体全体を温めましょう。血行をよくすることで、マッサージの効果はぐんと大きくなります。暖かい部屋でやるのもいいですが、一番はお風呂です。ぬるめのお湯にじっくり浸かり、芯から温まった状態にしてください。

いっそお風呂に入りながらやるのもいいかも知れません。左胸、右胸を、それぞれ下の方から包み込むように持ち上げ、左右交互に挙げたり下ろしたりを繰り返すだけです。ただし、ゆっくり行ってくださいね。

お風呂に入ってやる場合はいいのですが、そうでない場合は、専用のジェルやクリームを併用しましょう。乾燥した状態でマッサージをすると、爪で肌を引っかいてしまったり、摩擦で肌が荒れてしまうことがあります。お風呂に入りながらやる場合は、お湯をかけながらしましょう。

40代のバストアップと言うと毎日少しずつでも…といったイメージがあると思います。特に40代にもなるとマッサージにより刺激を受けたバストの細胞が成長するのには、それなりに時間が掛かります。

なのでバストアップマッサージは一日おきか、週に2,3回を目安に行ってください。疲れた身体を癒す目的ではなく、身体の成長を促すマッサージなので、急ぐと効果が得られないこともあるのです。

ところで、バストアップマッサージをすることで、肌がキレイになる効果もあります。マッサージすることによってリンパ管の流れがよくなり、老廃物が排出されやすくなります。バスト以外にもよい効果を与えられるのです。

更に、刺激を受けてバストから女性ホルモンが分泌されるようになり、そのホルモンの効果で張りのある肌になります。一石二鳥ですね。

膝の黒ずみってダサいよね!

私は昔からコンプレックスなことがあるんです。それはズバリ!膝の黒ずみ。つまり色素沈着です。

まぁ私の場合は学生時代からバレーボールに燃えていましたから、膝をすりむいたりしてどんどん黒くなっていったんですね。しかも社会人になってからもバレーボールは続けてますし。

さらに学生時代のバイトも和風居酒屋で、どうしても膝立ちになる機会が多かったんです。

最初は男だし膝の黒ずみなんて気にしてなかったんですが・・・。私の場合は膝の部分と膝下や膝上との色の違いが激しすぎるんです!

これってやばいですよ。めっちゃくちゃ目立ちます。

だから夏になっても短パンとかはきづらくて、とにかくはやく日焼けさせて膝の色素沈着を目立たなくさせるようにしていたんです。

最近になってググって色素沈着を消す方法を探していたのですが、女性用の美白クリームがいいらしいじゃないですか。アットベリーとかイビサクリームとか人気商品もたくさんあるようです。
※詳しくはこちら→http://膝色素沈着.jp/

私もとりあえず一番人気のイビサクリームを買ってみましたよ。ほんとにこんなんで膝がきれいになるかは心配だったんですが。。。

毎月定期購入して使っていたら、3ヶ月くらいでちょっと白くなったような気がしました。なので他にも膝の黒ずみで悩んでいる方にはおすすめですね。

彼女へのクリスマスプレゼントは渡し方次第でサプライズに!

クリスマスは今やカップルにとっては、一大イベントのひとつ。誕生日でもない、記念日でもない、それでも街のデコレーションやイルミネーションが灯る頃になると、自然とウキウキしてしまうから不思議です。

そんな中で、彼女が喜ぶクリスマスのサプライズプレゼントにはどんなものがあるでしょうか。夜景を見ながら豪華なディナーというと、割と定番になってしまっていますよね。

アクセサリーも定番中の定番のプレゼントだし…。毎回同じパターンでは飽きられてしまいます。

女性の場合、プレゼントの商品自体より、渡してくれるシチュエーションや演出次第でサプライズにすることもできるので、どんなプレゼントにするかというより、どうやってプレゼントを渡すかということに重きを置いてみたほうがいいでしょう。

ファミレスで10万円のネックレスを普通に渡されるより、1000円のネックレスをドラマチックな演出で渡された方が心に響きます。

ただ、サプライズの目的は彼女を驚かせて、喜ばせることですから、驚いた後、結局怒らせたりしらけたりしないように、アイデアはよく考えたほうがいいでしょう。

今年はプレゼント期待できないと思わせておいて、実は当日に彼女がずっと欲しかったものをロマンティックな演出で渡してみるというのは、驚いた後必ず喜んでもらえるパターンです。

これには、普段からさりげなく彼女の欲しがっているものをリサーチした上で、期待させないという演技力が必要になってきます。

下準備に時間はかかりますが、その分サプライズのクリスマスプレゼントは彼女が喜び、仕掛けた男性も幸せな気分になれるので、微妙な駆け引きで素敵なクリスマスにしてみてはいかがでしょうか。

自家用車が不要な生活も可能ですよ

自家用車

自家用車を所持すると、維持するために毎年大きな費用が要ります。自家用車が不要な生活を送っている人は、車を所持しないのが最も良い節約と考えられます。

車が日常に不可欠な場合は、生じる維持費の中で一定の費用をカットしなければなりません。自家用車を所有するとどのような維持費が生じるのか気になる人もいるでしょう。

まず駐車場の使用代金ですが、この費用は料金の安い駐車場を見つけ出すことが節約になります。ところが、あまりにも自宅から離れていると煩わしくなってしまいますので、距離と金額の両方を考慮して探しましょう。

ガソリン代は、多額ではないものの心がけ次第で節約することができます。目的地までできるだけ短時間で行くこと、信号待ちではアイドリングストップをする、車内でのエアコン使用量を調整することなどがあります。

たったそれだけで、ガソリンの使用量を抑えられます。自動車にまつわる経費を大きく節約するためには、自動車保険の見直しに着手するのが有効です。

個々の保険会社で定められている保険料がまったく異なるので、加入中の保険と比べてみましょう。現段階で入っている自動車保険の商品によっては年間で万単位の節約が果たされる可能性があります。

インターネットを利用すれば見積もりは手軽にできますし、幾つもの自動車保険を照らし合わせることができます。等級の考え方も保険会社によって違いますので、自分に相応しい条件で見つけましょう。

注意することは、保険料のみを条件にしないということです。非常に安い保険料であってもずさんな事故対応であれば意味がありません。

対応が不安なときは、直接保険会社に電話連絡をして分からないことを質問してみると見極めることができるでしょう。

体調管理は社会人の常識ですね

夏ですが体調管理は大丈夫ですか?

夏の車中

夏バテと一言であらわしても、あらわれる症状はその人によって違います。早い段階で様子がおかしいと察知できれば理想的ですが、症状が進むまで把握できない場合もあります。

どういった症状がみられるのか前もって知っておき、早い段階でケアできるようにしておくと安心です。よく見られる症状というのは、全身の脱力感です。

仕事をして疲労が溜まっているだけと、簡単に自己判断してはいけません。いつもと同じような仕事しかしていないのに、倦怠感を感じたり、体が本調子に戻りにくいといったことはありませんか。

身体の具合がおかしいと思ったら、夏バテを引き起こしているかもしれません。そして、身体の異変にとどまらず、精神面での症状も引き起こされます。

つまり、普段では何も感じないようなことで、腹が立つというのも一症状でしょう。これまで何とも感じないようなことで、イライラしたりします。

これとは別に、何もしたくない気分になることもあるので、果たして自分はどうか振り返ってみましょう。体の調子が少しおかしいと感じた時に、すぐに夏バテを疑える人は多くないでしょう。

風邪でも引いたのだろうと自分で納得せずに、ケアをすることが大切です。なお、なかにはお腹の具合が悪くなるケースもあります。便秘や下痢などになったら、正しい夏バテ対策を実践しましょう。

食欲不振に陥ってしまうのも、ありがちな症状の一つといえます。何か食べないと体力もなくなってしまうので、夏に入ったら適切な対応を調べておいてはどうでしょうか。

夏バテには水分を意識的に摂ること

夏バテを防ぐ手段として、非常に重要なことに、水分を意識的に摂ることがあります。

いつでも気を付けて水を飲むようにしている人もいるかもしれませんが、気にしていない人も高温になる夏季はたくさん水を飲むように心がけましょう。

体温の調節に失敗すると、夏バテを生じやすくなります。この体温調節というのは、発汗しないと行うことができません。汗の成分は水ですから、汗をかくためにも水分は欠かせないということになります。

だから、汗をいっぱい流したら、それだけの量の水分が体内から出たということなので、ちゃんと補充しましょう。

とはいえ、水分補給を行う場合にも注意点があります。これは、過剰に冷たい飲料を飲まないということです。

暑さが厳しいと必然的に氷をたくさん入れて、キンキンに冷やして飲みたくなることがあります。しかしながら、冷たすぎる飲み物は胃腸の作用を鈍らせてしまいます。

夏バテが起きると、消化能力が落ちてしまうわけですが、キンキンに冷やした飲み物はこの問題を深刻化させてしまうのでくれぐれも気をつけましょう。これとは反対にぬるさを感じる飲み物は口にしたくないものです。

そんな時は、少しだけ冷たくした飲み物をほんの少しずつ時間をかけて飲むようにすればいいでしょう。ドリンクの種類としては、水や緑茶、麦茶などが理想です。

甘味料が使われているジュースは、甘味によって喉の渇きを癒すどころか喉の渇きを誘発する場合があります。さらには、アルコールは利尿作用があるので、夏バテの症状がある時には飲まない方がいいでしょう。

暑い日にはこまめに水分を補給するように注意し、口渇感を感じる前に水分を補いましょう。